さまざまな癌の治療方法|放射性治療が有効

医者

転移したがんに有効な療法

扱いやすいNK細胞

年配の女性

転移がんは死亡率が高いことで知られていますが、NK細胞療法という免疫細胞療法が有効と発表されて注目を浴びています。現にこの治療方法を取り入れている医師も多いのですが、NK細胞療法は他の免疫細胞療法と何が違うのか・なぜ良いといわれているのかを説明します。体内にある免疫細胞には、NK細胞の他にT細胞と樹状細胞があります。T細胞はがん細胞を退治する働きがあり増殖が比較的に簡単ですが、樹状細胞の指示がないと退治の働きをしないのです。樹状細胞はがん細胞を敵と教えてくれる存在ですが、増殖がしにくい上に成分採血などで患者の体に負担があるので行えない人が出てきます。免疫細胞療法の今までの主役はT細胞でしたが、最近になってNK細胞ががん細胞退治の主役と判明したので増殖率や体への負担を考えるとNK細胞を使用した方が有効的といわれるようになったのです。治療が難しいとされる転移がんに有効なNK細胞療法がテレビで取り上げられてから、医師だけでなく患者からも注目されています。

抗がん剤と行うことが多い

転移がんの治療方法には、抗がん剤を用いる方法もあります。しかし抗がん剤は免疫力の低下でがんの進行を遅らせる方法であり、副作用の心配があるので良いか悪いかは難しいところです。それでも抗がん剤にある効果は確かなものなので、免疫細胞療法と合わせて行われることがあります。免疫細胞療法と同時に行うことで、抗がん剤による副作用の軽減ができるとされています。この二つの治療方法をうまく組み合わせることで、より有効的な治療が行えます。抗がん剤は使用するのがこわいと思う人もいますが、転移がんは進行しやすいので進行を遅くする抗がん剤を免疫細胞療法に取り入れることは効率的だと思います。がんの知識は専門的なことなので、がん治療の専門家やがん治療を積極的に行っている医師にちゃんと相談して適切な治療方法を考えてもらうことが最善だと思います。